もし愛犬が介護が必要になってしまったら…
 大切なのはお家の方が頑張り過ぎずに愛情をかけることです。

介護が必要となるのは老犬になってからだけではありません。
病気や怪我から愛犬が寝たきりになってしまうことだってあるのです。

いつか愛犬が要介護・看護の状態になるかもしれない…やはりそれは考えておく必要があるのです。

犬の介護は人と同様、その状態や状況に合わせてさまざまです。
愛犬が寝たきりになると自分でご飯を食べられなくなるので、流動食を作って食べさせたり、お薬を飲ませたりすることになります。
また、お天気に関係なく排泄の度にハーネスで支えたり、抱いて外出することもあると思います。床ずれのケアで時間ごとに向きを
変えてあげたり、筋肉が硬くならないよう、カラダをマッサージしてあげなければなりません。ワンちゃんを家族に迎えたという事。
それは、最後まで介護や看護をしながら愛情をかけてあげることなのです。もちろん期限はわかりません。
介護や看護は家族である愛犬に生がある限りずっと続くのです。
このように愛犬が介護・看護状態になってしまうということはとても大変ですが、飼い主さんがひとりで頑張りすぎてしまうことで
ご自身の身の回りやその他の家族のことが後回しになり、体力的にも精神的にも追い詰められて体調を崩したり、家族関係が上手く
いかない結果となってしまうことも多々あります。
飼い主さんが倒れてしまったらそれこそ大変です。だってワンちゃんはあなたの元気な姿を見て安心するのですから。


愛犬が介護・看護が必要になってしまった場合は、ぜひ手抜き介護を目指してください!

 

  • 自分ひとりでがんばらず、他の家族の人にもサポートしてもらいましょう。

  • 病院やペットシッターさんを上手に使うのもひとつです。

  • 愛犬をしっかり観察してぴったり合った介護方法を見つけましょう。

  • 便利なグッズを使ってなるべく飼い主様が負担にならないように工夫しましょう。

    オリジナルの介護方法を作ることが楽して介護できるためのポイントです。
    介護グッズも増えてきています。上手に活用しましょう!
    生活のリズムをつかみましょう!
    信頼できるホームドクターをは早いうちから探しておきましょう!

ワンちゃんは寝たきりになってもあなたと一緒にいたい、あなたの声を聞きたい、あなたになでてもらいたいと思っています。
いつも明るく接してあげるのが何より一番の喜びです!ゆっくりゆったり大きな気持ちで支えてあげてください。

Copyright (C) 2015 G-Quest.inc. All Rights Reserved.