シニアのわんごはん。
7歳を過ぎたら量より質を見直して、今までより健康ごはんを目指しましょう。

老犬のわんごはん
について考えよう

老犬のごはんと成犬のごはんといったいどこが違うのでしょう。

シニア世代になると、内臓から徐々に老化してきます。運動量が減るということもあり、基礎代謝や消化機能が衰えてきます。そうなると太りやすくなったり便の調子が悪くなったりします。若い頃のままのご飯を与えていると、「肥満」いわゆる中年太りになってきていしまうのがシニア世代の特徴です。
ですから、シニア世代を迎えた頃からの食事は、脂肪分の高いものを控えること、そして消化の良いものを与えること、この二つを心掛けましょう。

 

老化を防ぐ食べ方とは

老化とはカラダが酸化して代謝が衰えていくことです。

一般的にも抗酸化物質を多く含む食事が良いとされますが、ワンちゃんが食べて良い物と悪いものがあるので注意が必要です。

【野菜類】
トマト、人参、かぼちゃ、大豆や大豆製品、ブロッコリー
【魚類】
ごま、いわし、さば、ぶりなどの青魚。
【肉類】
鶏の胸肉や馬、鹿肉など低脂肪な肉。

などが老化を防ぐ食べものとしてあげられます。スキムミルクは骨の老化を防ぎます。
アレルギーがあるワンちゃんは大豆や鶏肉などは注意が必要です。

 

いつから切り替える?

いったいいつからシニアの食事に切り替えればいいのでしょう。

無理にシニア食に変える必要はありません。
もちろん個体差がありますので、7歳を迎えた頃からよくワンちゃんを観察して、以前とちょっと変わってきたな…、吐いたりすることが多くな
ったと思ったころから切り替えていきましょう。
市販のペットフードも通常7歳から「高齢期」とされています。シニアフードへの切り替えが必要なものであれば、そこが変更時期だといえます。また、動物病院で健康診断を受け、検査などの結果から切り替えを考えても良いでしょう。

 

量を減らすと
栄養不良になりがち

老犬の肥満は量を減らすのではなく、質の改善を。

お腹がぽっこり、アゴが二重アゴ、なんだか体が重たそう…。
人も同じでこれが中年太りです!若い頃はいっぱい運動するので高カロリーの食事が健康を保つのに最適でした。でも、基礎代謝の落ちたシニア世代にそのままの食事を与えていると、当然中年太りになるわけです。しかし、ダイエットの為に今まで与えていたフードの量を減らしてカロリーを控えることは、栄養不足になってしまいます。より内臓が衰えたり、毛艶が悪くなったりするので、食事の量を減らすのではなく、ごはんの質の改善へと考えを変えましょう。

 

手作りフード VS 
シニア用ドライフード

シニアになってから手作りフードに切り替える飼い主様が増えています。
いったいどちらがシニア世代には良いのでしょう。


手作りフード

◆手作りフードのメリット
新鮮な食材でいろいろなメニューを与えることができるので、愛情たっぷり、そして飽きがきません。
しかも人と同じ食材を使えるので経済的!

◆手作りフードデメリット
老犬に必要な栄養素全てをまかなうことができません。
不足の栄養素をサプリメントやトッピング食品でプラスすることが必要になります。量の調整をしながら与えるので時間も手間もかかります。そしてお金が嵩むことも。カロリー計算など手間がかかります。



ドライフード

◆シニア用ドライフードのメリット
老犬に必要な栄養素を考えて作られているので、満遍なく栄養を取ることができます。老犬の消化も考えられていて、手間もかかりません。

◆シニア用ドライフードデメリット
長期保存ができるシニアフードには保存料などの危険な人工添加物が含まれているものもあります。ワンちゃんのカラダのために人工添加物の有無をチェックする目を養うことが大切です。

これだけは避けましょう!

エトキシキン:非常に強い抗酸化作用を持つ酸化防止剤
BHA:発ガン性のある酸化防止剤(元来は石油用の酸化防止剤)
BHT:発ガン性のある酸化防止剤(元来は石油用の酸化防止剤)


上記の様に、両方ともにメリットとデメリットがあります。
そのことをふまえたうえで、バランスよい食事を与えるのがベスト。
また、食が細くなってしまったワンちゃんには好物をトッピングしたり、やわらかくしてあげたりと工夫も必要になってきます。
その他、関節の老化対策、視力の老化対策、肝機能の改善など、ワンちゃんをよく観察した上で、必要な栄養素やサプリメントで老化の進行を進ませないよう栄養を補給することも必要となってきます。

サプリメントも効果がでるまでには1ヶ月ほどかかります。
必要になったら気長に試してみましょう。

 

Copyright (C) 2015 G-Quest.inc. All Rights Reserved.